黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

 

 

閉じる

Entries

☆特定空き家!☆国と自治体が動く!

2015/06/11 21:32

20150611200010346.jpg


通勤や通学路で沢山の人が行き交う所に、こんな家があり危ないな~と心配していました。

老朽空き家について新制度が動き出す。迷惑な空き家を自治体が「特定空き家」と判断、税金増額などペナルティをかす。

日本が抱える大きな問題「増加する空き家」について新制度が動き出す。

倒壊の危険があったり、庭木が道路にあふれ出たりなど、明らかに迷惑な空き家を自治体が「特定空き家」と判断。

固定資産税を6倍に増額や強制解体などのペナルティがかせられるので空き家を売却する人が多く・・・価値が段々下がっていくらしい!

[編集]

『スポンサーサイト』

関連記事

紫陽花

2015/06/10 22:48



私が鹿児島の実家にいた頃、家の庭先に6月の梅雨時になると「アジサイ」が一日に、
7回も色が変化してとっても綺麗でした。


花名のアジサイの語源は「藍色が集まったもの」を意味する「あづさい(集真藍)」が有力であるとされています。

江戸時代に長崎の出島に滞在して医療と博物研究に従事したシーボルトは、愛する「お滝さん」にちなみ「オタクサ」という名をアジサイにつけました。

花言葉の「移り気」はアジサイの花の色が開花後に変化することからきています。

アジサイ全般の花言葉は、

「移り気」「冷淡」「辛抱強さ」「冷酷」「無情」「高慢」

[編集]

『スポンサーサイト』

関連記事

凄いことになりそうです♪

2015/05/29 22:28




 以前に、これから運転手がいなくても自動で走るようになるよと聞いて
えぇーホンマに?!・・・そんなの出来るのかな~?
と思っていました。
今朝、TVで無人タクシーの説明をしているのを観て・・・これから考えられないような凄い時代が来そうですね!!


DeNAは28日、2020年代に自動運転の「無人タクシー」を走らせる、との目標を発表した。自動運転技術を開発するベンチャー「ZMP」(東京都)と組み、合弁会社「ロボットタクシー」を設立。今後、政府などに法規制の緩和も働きかけていく。

 新会社の社長に就く中島宏DeNA執行役員は会見で、「20年の東京五輪で(無人)タクシーを多数走らせたい」と語った。ただ、無人の車を走らせるにはまだ法規制が多いため、「技術的には準備できる。周辺環境も遅くとも20年代後半には整う」との見通しも示した。

 ZMPは01年創業で、ロボット向けに開発したセンサーやカメラの技術を自動運転車にも応用。ハンドルやアクセルの制御技術などのシステムを、自動車大手の研究開発向けに納める。今は人工知能(AI)による技術向上を進め、昨年から公道での実証実験も始めた。

 DeNAは遠隔で操作するシステムや利用者が使うスマホ向けアプリなどの開発にあたる。サービス導入にこぎ着けられれば、高齢化が進む過疎地などで事業展開したい考えだ。



[編集]

『スポンサーサイト』

関連記事

奇跡の花園

2015/05/25 22:05

20150525190614396.jpg

カラハリ砂漠のナマクア地域に、8月末から9月上旬にだけ出現する『奇跡の花園』。
野生の花観察の世界的名所であるこの地域には、約4000種もの花が群生する。



南アフリカ共和国の名を聞いて、多くの日本人がまず思い浮かべるのは、2013年に逝去したネルソン・マンデラ氏(第8代大統領)だろう。

白人と有色人種との差別を制度化した『アパルトヘイト』(人種隔離政策)に抗して、27年半もの獄中闘争を闘い抜き、出獄後に大統領となってアパルトヘイトを平和的に終結させたマンデラ氏。

ノーベル平和賞にも輝いたその偉業は、何本もの映画に描かれるなど、世界中に広く知られています。

マンデラ大統領は、自分たちを迫害してきた人びとを許すことを教えてくれたのです。

マンデラ氏は、出獄の際に、怒りと憎しみを満々と抱いていても、不思議はなかった。

大統領になってから、白人たちに復讐することもできた。だが、彼はそうしなかった。

黒人や白人という人種を超えて手を携え、新しい南アフリカを創りあげていく困難な道を選んだのだ。

「南アフリカに、ウブントゥ」(Ubuntu)という言葉があります。

これは『皆があってこその自分』という意味で、他者への共感や思いやりの大切さを表す概念です。

~pumpkinより~

マンデラさんって本当に偉大な方だったんですね(*´ω`*)



[編集]

『スポンサーサイト』

関連記事

命を繋ぐ海中のドラマ♪

2015/05/13 17:46

20150512213403662.jpg

「キンギョハナダイとユカタハタ」サンゴの周囲は小魚でにぎわう。それらを捕食するハタ類も、ときおり顔をのぞかせる(沖縄県、西表島)

20150512214214871.jpg

水中写真家(中村征夫)
「海の生きものたち」では、水中写真家・中村征夫さんの見た、さまざまな生きものたち、命を繋ぐ海中のドラマを新聞につづっています。
とっても素晴らしいのでご紹介させて頂きます♪

『私は水中写真を撮り始めて半世紀になります。
年齢を重ねても、常に子どものような好奇心を抱き、海と接してきました。

海に対し、いつも畏怖と畏敬の念を持ち、礼節をわきまえながら潜水を続けてきました。

水中撮影をしていると、自分の弱さに直面することが多々あります。激しい潮の流れに翻弄されギブアップするときでも、生きものたちは平然と潮流に乗って狩りを続けています。

人間の介入を拒み続ける海は、地球を生命に満ちた「水の惑星」たらしめている根源的な存在であると思えてなりません。

一度の潜水で撮影できるのは、わずか1時間ほど。その積み重ねで、これまで生きものたちからたくさんの教訓を学ぶことができました。と同時に、生きものたちのしたたかさ、弱さも垣間見ることができ、私たちはいかに自然と共生すべきかを真剣に考えさせられることもありました。

自然界には多種多様な生物の織り成す生態系があり、生物は互いに支え合い、依存し合いながら、連綿と命を繋いでいます。

人間といえども、その一員にすぎません。

私たちが海からの恵みを享受できる背景には、目に見えないほど微小な植物プランクトンや、動物プランクトンの存在があります。

これらの生きものが食物連鎖の底辺にいて、他の多くの生きものを支えているのです。

20150512223933903.jpg


奄美や沖縄地方に広がる広大なサンゴ礁は、数ミリほどのサンゴ虫の集合体です。

サンゴは植物プランクトンと共生し、酸素栄養分を供給してもらって生きています。

サンゴの合間は小魚たちの格好の隠れ家となっていて、その中に卵を産む生きものも少なくありません。

サンゴが小魚や、か弱い生きものたちの「ゆりかご」といわれる所以です。

また、サンゴは台風などによる大波をバリアーとなって受け止め、島の人々を守る役割も担っています。』

次回に続く
[編集]

『スポンサーサイト』

関連記事


リンク

ちーちゃんのエンジョイスタイル♪

dariaおばちゃんの日常

ミュータントメッセージfrom森の診療所より

ひ~ちゃんの小さな宝物

Tom's Moderu ラヂコン記

森チャンランド

ロハスな食いしん坊日記

プンと わんこと ラジコンと

ちょっと気になる、人生プラス事

narcissus 水仙

~憧れの生活まで~my dream life

ググ ポチおもしろダイエットたぬ記

わんこ3兄弟と私のポジティブライフ

わんこ3兄弟と居酒屋ひまわりの珍道中

のんびりママの育児

22歳からのHappy Life

河内総本家からから亭

山猫はバレーと居酒屋が好き

空飛ぶ さっちーの旅

My tea time

いつも笑顔で

LOVE&PEACE 明るい毎日

みどりのカーネーション

空海の庭

うらうらシンフォニー

奈良うさぎのHappyでHealthyライフ

けいマン 湯~遊記

ちょっとうれしい話

はちみつ醤油味

息抜きはやっぱ趣味でしょ!(* ̄∇ ̄*)

天然生活

人生水戸黄門***(人生楽ありゃ苦もあるさ)

美味しいもの・楽しい場所、共有しましょうo(^▽^)o

幸か不幸か波乱万丈

音きちオヤジの音と健康生活

もで~ん(´・ω・)かぴばらママのよもやま話

息子と犬に遊ばれる日々。

シンの前転ゆるラジ人生

ジョニーの日記

★ジャックと☆リロの記

爆弾ケーキとうりぼ~☆

ちなっぴぃの雑日記

hareruya♡mamalog

うさの羊毛ハンドメイド

☆ぶらっとよりみちグルメ旅~☆

何気ない一日の香り

イエロー リーフ

カスタムCSS